• 相続・遺言の初回相談 30分無料
  • 相談のご予約は052-961-7102
  • 予約受付:平日AM9時?PM6時

※相談日時に限りがございます
  • 相談受付メール
HOME » 相続・遺言ブログ

相続・遺言ブログ

9月 28th, 2014

9月 28 2014

遺言・遺留分 ⑥ 遺留分対策と「債務」

今まで、遺言を遺すときには、事前の遺留分対策が重要ということを説明してきました。

 

では、具体的に、どのような対策が有効なのでしょうか?

 

遺言や遺留分について多くの相談を受けた経験をもとに言いますと、まずは「債務を増やす」(明確にする)、ということだと思います。

なぜなら、生前の相続対策と遺言・遺留分  ③ 遺留分額の算定にて説明したとおり、遺留分の算定の基礎となる財産額 とは

① 相続開始時の資産(+の財産)

② 相続開始時の負債を差し引く。

③ 一定の生前贈与・遺贈などを加算する。

という計算式によって算出されます。

そのため、債務が増えれば、その分だけ遺留分額が減る、という結果になるのです。

 

具体的には

例)知人からお金を借りているが口約束 → 契約書または覚書などで負債額や返済条件を明確にする。

などです。

 

遺言や遺留分、遺留分減殺請求についてお困りの方がいらっしゃれば、お早めにご相談ください。

初回相談、30分無料です。

140328t_0081

 

 

遺留分額において加算すべき贈与 負債

<阪野公夫法律事務所のご紹介>

愛知県・名古屋市で企業法務、債権回収、相続、離婚などの法律相談は

http://www.banno-lawoffice.jp/

愛知県・名古屋市で遺産相続、相続放棄、遺言作成、遺留分のご相談は

http://www.banno-souzoku.jp/

愛知県・名古屋市で企業の倒産、事業譲渡、M&A、事業承継のご相談は

http://www.banno-saisei.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  • 相続・遺言の初回相談 30分無料
  • 相談のご予約は052-961-7102
  • 予約受付:平日AM9時~PM6時※相談日時に限りがございます
  • 相談受付メール

このページのTOPへ

阪野公夫法律事務所

愛知県名古屋市中区丸の内3丁目6番41号
AMビル10階
TEL   052-961-7100
FAX   052-961-7117