• 相続・遺言の初回相談 30分無料
  • 相談のご予約は052-961-7102
  • 予約受付:平日AM9時?PM6時

※相談日時に限りがございます
  • 相談受付メール
HOME » 相続・遺言ブログ

相続・遺言ブログ

9月 25 2014

生前の相続対策と遺言・遺留分   ⑤ 特別受益 実家の使用について

さて、いよいよ遺留分の第5回目です。

 

前回にひきつづき、遺留分を考えるときに問題となる、「特別受益」についてです。

 

実際によく問題となるケースを考えます。

当事者: 父、長男、二男

父 「そろそろ遺言をしなければ。実家の土地上に、長男が家を建てて、実家に来ては私の面倒を看てくれる。長男にすべての財産を譲ろう」

 

このように考えたとします。

最近、非常に増えているケースです。

この場合、「長男が、父所有の土地上に、建物を建てて住んでいる」ということは、特別受益にあたると考えられています。

 

そのため、父が「長男にすべての財産を相続させる」という遺言を作成する際、二男の遺留分について対策を検討します。

そのときに、「長男が、父所有の土地上に、建物を建てて住んでいる」ことが特別受益にあたることを織り込んで、遺留分対策を検討する必要があります。

 

このように、遺言を作成する際、遺言者の不動産を誰かが使用している場合注意が必要です。

遺言や遺留分、遺留分減殺請求についてお悩みの方がいらっしゃれば、お早めにご相談ください。初回相談は30分無料です。

140328t_0561

 

 

 

 

父と長男 実家の使用貸借

<阪野公夫法律事務所のご紹介>

愛知県・名古屋市で企業法務、債権回収、相続、離婚などの法律相談は

http://www.banno-lawoffice.jp/

愛知県・名古屋市で遺産相続、相続放棄、遺言作成、遺留分のご相談は

http://www.banno-souzoku.jp/

愛知県・名古屋市で企業の倒産、事業譲渡、M&A、事業承継のご相談は

http://www.banno-saisei.jp/

 


« »
事務所案内・弁護士紹介 写真:阪野公夫
阪野公夫法律事務所
弁護士
阪野公夫
所在地
名古屋市中区丸の内3丁目6番41号 AMビル10階
TEL
052-961-7100
FAX
052-961-7117
E-mail
info@banno-lawoffice.jp
事務所案内・弁護士紹介へ
  • 弁護士費用
  • 無料相談フォーム
  • 阪野公夫法律事務所
相続・遺言ブログ
名古屋の弁護士 阪野公夫法律事務所 法律相談 名古屋の事業再生 民事再生・事業譲渡・M&A・私的整理の相談
  • 相続・遺言の初回相談 30分無料
  • 相談のご予約は052-961-7102
  • 予約受付:平日AM9時~PM6時※相談日時に限りがございます
  • 相談受付メール

このページのTOPへ

阪野公夫法律事務所

愛知県名古屋市中区丸の内3丁目6番41号
AMビル10階
TEL   052-961-7100
FAX   052-961-7117