• 相続・遺言の初回相談 30分無料
  • 相談のご予約は052-961-7102
  • 予約受付:平日AM9時?PM6時

※相談日時に限りがございます
  • 相談受付メール
HOME » 相続・遺言ブログ

相続・遺言ブログ

7月 15 2014

遺産相続と寄与分  ①寄与の類型

遺産相続の事案において、介護と寄与分が大きな問題となるケースが増えています。

 

たとえば、

父、長男、次男という家族において、父の事業を長男が長年にわたって手伝い、父が年老いた後は長男とその妻が介護も行った、他方、次男は別で生活しており、介護の手伝いを行ったこともない、という事案が典型的です。

 

このケースで、父が亡くなり(遺言書なし)、長男と次男が父の財産を相続する場合、本来、法定相続分は、長男・次男は1対1です。

しかし、長男としては「自分が事業を手伝った貢献や、妻と一緒に行った介護を相続に反映させるべき」と考えるでしょう。

 

この点、民法904条の2は、

相続人すなわち長男の貢献、つまり寄与行為が

①父の事業に関する労務の提供

②父の事業に関する財産上の給付

③父の療養看護

④その他

などによってなされた、特別の寄与であって、

父の財産の維持・増加がもたらされた場合に、寄与分を認めて長男の相続分を増やすと規定しています。

 

ポイント1として、相続人の寄与行為であって、それ以外の者(たとえば、長男の妻)による寄与行為は、寄与分として認定されません。

 

次に、寄与行為は①~④に分類されますが、

ポイント2として、これらの寄与行為が、特別の寄与であって、かつ、父の財産の維持・増加がもたらされる必要があります。

 

そして、①~④の寄与行為によって、父の財産の維持・増加がもたらされたかどうかは、最終的には裁判所の認定によりますが、「証拠」が決め手になります。

そのため、寄与分が非常に重要なケースでは、早めの対策をお勧めしています(早急に証拠を固める、など)。

 

ご不明な点などございましたら、ご相談頂ければと思います。

 


« »
事務所案内・弁護士紹介 写真:阪野公夫
阪野公夫法律事務所
弁護士
阪野公夫
所在地
名古屋市中区丸の内3丁目6番41号 AMビル10階
TEL
052-961-7100
FAX
052-961-7117
E-mail
info@banno-lawoffice.jp
事務所案内・弁護士紹介へ
  • 弁護士費用
  • 無料相談フォーム
  • 阪野公夫法律事務所
相続・遺言ブログ
名古屋の弁護士 阪野公夫法律事務所 法律相談 名古屋の事業再生 民事再生・事業譲渡・M&A・私的整理の相談
  • 相続・遺言の初回相談 30分無料
  • 相談のご予約は052-961-7102
  • 予約受付:平日AM9時~PM6時※相談日時に限りがございます
  • 相談受付メール

このページのTOPへ

阪野公夫法律事務所

愛知県名古屋市中区丸の内3丁目6番41号
AMビル10階
TEL   052-961-7100
FAX   052-961-7117