• 相続・遺言の初回相談 30分無料
  • 相談のご予約は052-961-7102
  • 予約受付:平日AM9時?PM6時

※相談日時に限りがございます
  • 相談受付メール
HOME » 相続・遺言ブログ

相続・遺言ブログ

7月 09 2014

遺言・遺留分と特別受益

またまた特別受益についてです。

最近、本当に特別受益に関する相談や依頼が増えています。

遺言と遺留分、そして特別受益がどのように問題になるのか、具体的なケースをもとにご説明します。

 

<ケース>(実際の事案を簡略しております)

父:不動産A(時価5000万円)、有価証券(3000万円)を所有

相続人:長男・次男

 

父は、生前、跡継ぎと決めた長男に、不動産Aの上に賃貸マンションを建てることを提案。

長男は、ローンを組み、不動産Aの上に賃貸マンションを建築(不動産Aは、使用貸借として利用)。

父は、生前、次男に現金1000万円を渡していた。

父は、遺言を作成し、跡継ぎと決めた長男に全ての財産を相続させる旨を明記した。

父の死後、次男は、長男に対して遺留分減殺請求を請求した。

 

ざっと言うとこのようなケースです。

なお、遺留分の説明については本ホームページの「遺留分」のページをご参照ください。

<相続財産>

不動産A(時価評価は、賃貸マンションが建てられているので、4000万円に減少)

有価証券3000万円

 

そして、次男は、遺留分として以下の通り請求しました。

 不動産A4000万円

+有価証券3000万

特別受益1000万円(不動産Aを使用貸借により利用している利益)

=8000万円×1/4(遺留分割合)

2000万円

 

これに対して、長男は、以下の通り応じました。

 不動産A4000万円

+有価証券3000万

特別受益200万円(不動産Aを使用貸借により利用している利益)

=7200万円×1/4(遺留分割合)

=1800万円

特別受益1000万円(生前に受け取っていた現金1000万円)

800万円

 

これに対して、次男は、生前に受け取った1000万円は貸付金に対する返済であって、特別受益ではないと応じました。

 

このケースでは、使用貸借と生前に渡した現金が、特別受益にあたるか?あたるとして、その評価がどうなるのか??が問題となりました。

そして、このようなケースが非常に増えています。

その理由は、親子間で土地を利用する場合は(特に親の土地を子が利用して建物を建てるケース)、使用貸借となりますが、使用貸借の金額評価が非常に難しいことが挙げられます。

また、親が生前に子供に現金を渡すことがよくありますが、本当に渡したのか?その現金が貸金の返済なのか?それとも生活費として渡したのか(生活費であれば特別受益と認定されます)、このあたりは証拠がなかったりします。

 

対策としては、

①生前、親の土地を子が利用する場合、使用貸借ではなく、賃貸借契約書をとりかわすこと

②生前、親が子に現金を渡したのであれば、その理由や証拠を明らかにしておくこと

が考えられます。

 

ご不明な点などありましたら、ご相談ください。


« »
事務所案内・弁護士紹介 写真:阪野公夫
阪野公夫法律事務所
弁護士
阪野公夫
所在地
名古屋市中区丸の内3丁目6番41号 AMビル10階
TEL
052-961-7100
FAX
052-961-7117
E-mail
info@banno-lawoffice.jp
事務所案内・弁護士紹介へ
  • 弁護士費用
  • 無料相談フォーム
  • 阪野公夫法律事務所
相続・遺言ブログ
名古屋の弁護士 阪野公夫法律事務所 法律相談 名古屋の事業再生 民事再生・事業譲渡・M&A・私的整理の相談
  • 相続・遺言の初回相談 30分無料
  • 相談のご予約は052-961-7102
  • 予約受付:平日AM9時~PM6時※相談日時に限りがございます
  • 相談受付メール

このページのTOPへ

阪野公夫法律事務所

愛知県名古屋市中区丸の内3丁目6番41号
AMビル10階
TEL   052-961-7100
FAX   052-961-7117