• 相続・遺言の初回相談 30分無料
  • 相談のご予約は052-961-7102
  • 予約受付:平日AM9時?PM6時

※相談日時に限りがございます
  • 相談受付メール
HOME » 相続・遺言ブログ

相続・遺言ブログ

2月 18 2015

遺言無効 ③ ~ 遺言無効確認訴訟の準備

お久しぶりです。

かなり時間が経ってしまいましたが、前回のブログの続きです。

 

前回、遺言無効②として~

相談者「先生、こんな遺言が出てきたんですが・・・」

という相談から遺言無効を巡る争いが始まったことを書きました。

 

本当に、このような相談があります。

 

そして、相談者から「先生、故人の筆跡と似ていないんです。まさか偽造されたのでは?」という相談を受けることになります。

 

このような相談を受けると、本当に偽造されたのかどうか、遺言無効確認訴訟にて勝訴できるかどうかを調査します。

具体的には、遺言者が実際に書いた、日記や手紙を探すことになります。

多ければ多い方がいいです。

そして、まずは自分の目で確認して、「別の人が、遺言者の字をまねて遺言書を偽装したかどうか」をじっくりと見ます。

 

最終的には、私自身が「この遺言書は別の人が書いた」と思わない限り、遺言無効確認訴訟のご依頼はお引き受けしないことにしています。

※遺言無効確認訴訟では、筆跡鑑定を行いますが、まずは私自身が「偽造だ!」と確信しない限りは訴訟提起しません。

 

では、何を基準として「この遺言書は本人が書いた」または「この遺言書は別の人が書いた」のかを判断しているかといいますと、遺言者が実際に書いた日記や手紙の字と、問題の遺言書の字を見比べて、「裁判官であれば、この文字は別の人が書いたと判断するかどうか」という基準で判断しています。

 

ですから、遺言無効確認訴訟の準備段階では、とにかく多くの日記や手紙の字と、問題となった遺言書の字を見比べる作業を集中的に行います。

 

そして、「この遺言書は別の人が書いた」と判断すれば、次に遺言無効確認訴訟を提起する段階へと進みます。

 

その後の展開は、次回のブログでご紹介します。

 

 

遺産相続や遺言、遺留分についてお悩みの方がいらっしゃれば、お早めにご相談ください。

初回相談、30分無料です。

 

140328t_0091

 

 

<阪野公夫法律事務所のご紹介>

愛知県・名古屋市で企業法務、債権回収、相続、離婚などの法律相談は

http://www.banno-lawoffice.jp/

愛知県・名古屋市で遺産相続、相続放棄、遺言作成、遺留分のご相談は

http://www.banno-souzoku.jp/

愛知県・名古屋市で企業の倒産、事業譲渡、M&A、事業承継のご相談は

http://www.banno-saisei.jp/


« »
事務所案内・弁護士紹介 写真:阪野公夫
阪野公夫法律事務所
弁護士
阪野公夫
所在地
名古屋市中区丸の内3丁目6番41号 AMビル10階
TEL
052-961-7100
FAX
052-961-7117